永久脱毛をしたいなら医療脱毛のクリニックがおすすめ

永久脱毛

脱毛をしたら、今後2度と脱毛をしないで良い状態にしたいと考えている人は多くいます。そういった人は永久脱毛という選択肢を考えると思いますが、永久脱毛を仮にやったとしても、絶対に2度と毛が生えないというわけではないのです。

永久脱毛の定義というのは一応あるのですが、それは永久に毛が生えてこないというものではありません。最後に脱毛をしたときから1か月以内にまた毛が再生する確率が2割以下と言えるようなケースを永久脱毛と呼ぶのが普通です。

したがって、定義通りの永久脱毛を実施したとしても、また毛が生えてくることはありえるのです。ただ、その確率を少しでも下げたいと思っている人がいるでしょうし、そういうときには医療脱毛が絶対におすすめなのです。

医療脱毛というのは、強力な脱毛ができるという特徴を持っています。脱毛サロンという発想も多くの人にあると言えますが、永久脱毛の定義に見合う脱毛は脱毛サロンで行うことが難しい可能性が高いです。

一般的には脱毛サロンでは永久脱毛をすることは厳しいという状況になっているのです。つまり、永久脱毛を希望している人は医療脱毛がおすすめであり、実際毛が生えてくる確率を考えたときには絶対に医療脱毛の方が低いはずなのです。

脱毛サロンでは、脱毛という言い方をしていますが、正確には減毛であるという指摘もあるなど、医療脱毛と比べたときの効果に大きな差があります。そういった効果に差が出てしまうのは、万が一のリスクに対処できるか?できないか?という点になります。

脱毛サロンではスタッフというのは、医療関係者ではありませんから、肌にとっての何らかの異常が起きたとき、どうしたらいいのか?という知識が乏しいのです。そういったケースは滅多に起きるわけではないものの、万が一起きたときに適切に対処できないと困るので、最大限リスクが小さくなるような施術方法をとっています。だから、安全な施術によって脱毛をしているので、脱毛効果が抑えられてしまうということになります。

永久脱毛の効果を得たいならクリニック選びは大切

一方で、医療脱毛というのは医療関係者がスタンバイしている環境なわけですから、万が一のことが起きても問題なく対処できます。問題なく適切な処置をすることができるからこそ、リスクが大きい施術ができるので、その結果として永久脱毛を実現できます。

したがって、脱毛サロンよりは医療脱毛の方が永久脱毛を望んでいる人にとっては絶対におすすめですが、医療脱毛のクリニックの中でも効果の大きさに差はありますから、その点は注意してほしいです。

永久脱毛をやるにあたって、医療脱毛のクリニックごとに使っているマシンに違いがあり、その違いはそのまま脱毛をした時の効果の強さにかかわりますから。だから、理想を言うならばクリニックごとに情報を集めていくことが望ましく、しかもマシンの機能の高さなどについて細かく問い合わせをしたうえで最終的に決定を下すべきとなるのです。

永久脱毛を望んでいる時点で、もう2度と毛が生えてこないという部分にかなりこだわっていると思いますから、医療脱毛は全体的にそういった部分が十分に期待できると言えども、その中で少しでも脱毛効果が強いところを選びたいと思っているはずなので、こういう視点は必要なのです。

医療脱毛のクリニックのマシンについて調べるということが重要ではありますけど、あとはそれぞれを利用した人の体験談とか口コミを見ておくというのもおすすめです。利用した人がどのように感じたのか?毛が生えてきそうか?そうじゃないか?という点に言及しているものは結構参考になると思うので、こういった部分をトータルで含めて判断材料にして、どの医療脱毛のクリニックに通うか?という点を決断すると良いと思います。

まずはお住まいの地域でクリニックを検索してみましょう。
手順として、例えば福岡在住ならば福岡県内で永久脱毛できるクリニックをリストアップでしましょう。参考:永久脱毛福岡ガイド!福岡のおすすめクリニックを徹底比較ランキング

そして脱毛料金や効果、口コミなど確認すること。その中から自分に適したクリニックを選んでカウンセリングを申し込みます。カウンセリングならば料金が発生しないところが多いので、まずはお話を聞きに行きましょう。

問題がなければ、そのまま申し込むという流れになります。自分に合ったクリニックを見つけて永久脱毛を始めましょう。

VIO脱毛と違いはある?気になるハイジニーナ脱毛のメリットは

viodatumou

身体のムダ毛って気になるものですよね。そこで最近は脇や腕、足などの脱毛をする人が増えてきています。

しかし1箇所脱毛をすると、「他の場所のムダ毛も気になる」という人も少なくありません。「足だけのつもりが、腕やVIO脱毛も始めた」という話も、よく聞きますよね。

そんな脱毛の中でも、最近人気が高まっているのが、「ハイジニーナ脱毛」です。ハイジニーナ脱毛とVIO脱毛では、何が違うのでしょうか。またどのようなメリットがあるのでしょうか。

ここでは、気になる「ハイジニーナ脱毛」について紹介します。これから脱毛をしたいと考えている人はぜひチェックしてみてくださいね。

ハイジニーナ脱毛と、VIO脱毛の違いとは

VIO脱毛の場合は、

  • Vライン(正面から見えるアンダーヘア全体)
  • Iライン(陰部の両サイド)
  • O(肛門のまわり)

を、サロンやクリニックのかたと相談し、Vラインのデザインを決めて脱毛します。そのためVラインは好きなかたちに整えることができます。

しかしハイジニーナ脱毛の場合は、アンダーヘアをすべて処理します。そのため部分的に残すことはありません。

ハイジニーナという言葉は「衛生」を意味する「hygiene(ハイジーン)」から生まれた造語です。アンダーヘアがあると、陰部はどうしても蒸れやすくなります。それをなくすことで清潔に保てることから、この名前がついています。

【ハイジニーナ脱毛のメリットとは】

そんなハイジニーナ脱毛には、いくつかのメリットがあります。
ひとつずつ見てみましょう。

[デリケートゾーンを衛生的に保てる]

ハイジニーナ脱毛を行う上で最大のメリットが衛生面です。ムダ毛があると、どうしても蒸れが発生してしまいます。するとデリケートゾーンに雑菌が繁殖し、においなどの原因となります。

生理のときに、においやかゆみが発生するのも、この蒸れが原因と考えられています。ハイジニーナ脱毛を行うと、蒸れが解消され、においも気にならなくなります。

[生理を快適に過ごせる]

脱毛によりムダ毛がなくなると通気性が良くなります。そこで蒸れが解消されるため、生理のときも快適です。

さらに、経血がムダ毛を伝って漏れる心配もありません。毎月のこととはいえ、生理は煩わしくも感じられるものです。

そんな生理時の不快感が減るのは大きなメリットだと考えられます。実際にハイジニーナ脱毛を行った人に感想を聞くと、「生理のときが本当に楽」と答える人は少なくありません。生理は、ほぼ毎月、数日続くもの。そんな生理が快適になったら、確かに楽ですよね。

[水着や下着の選択肢が増える]

水着や下着から、ムダ毛がはみ出ていないかって、気になるものですよね。しかしハイジニーナ脱毛をしてしまえば、もう気にする必要はありません。はみ出しを気にせず好きな水着や下着を選べるのもうれしいメリットです。

【まとめ】VIO脱毛・ハイジーナ脱毛

  • デリケートゾーンを衛生的に保てて、においも気にならない
  • 生理を快適に過ごせる
  • 水着や下着の選択肢が増える

など、メリットの多い、ハイジニーナ脱毛。

さらに最近では40代以上のかたに、「介護脱毛」として、アンダーヘアの永久脱毛が人気となっています。
これはアンダーヘアに排泄物がつくと、とれづらく介護者に負担となります。さらに蒸れによってにおいが生じるのを気にするかたもいます。そのため、将来介護者に負担をかけないようにと「介護脱毛」をする人が増えているのです。

そんな、衛生面でのメリットが多いハイジニーナ脱毛。もしも施術を受けるなら、サロンかクリニックでの脱毛がおすすめです。興味があるかたは、ぜひ一度カウンセリングで相談してみてはいかがでしょうか。

機種やメーカーが多くて迷う脱毛器の簡単な選び方

家庭用脱毛器

私は、毛深く子どもの頃からのコンプレックスでした。ムダ毛処理をし始めたのは小学校低学年と今考えると早すぎると感じますが、幼い私には切実な悩みでした。そんなコンプレックスを少しでも解決しようと無知ながらにも様々な方法で除毛、脱毛を繰り返してきました。

時には、肌に合わず肌荒れを起こしたり、金銭面で無駄だったと感じることも多くありました。そんな中で、私なりに適したムダ毛処理方法だとたどり着いたのは、家庭用脱毛器で処理をする方法です。

除毛は、処理をしても早ければ次の日に伸びたムダ毛が目立つということがあります。せっかく手間や時間をかけ、処理をしても肌を傷めてしまったり、長持ちしなかったり、長い時間をとられてしまうのが永遠に続くと思うと苦痛ですよね。

できれば、処理にかかる時間やコストがよく、仕上げた状態がいかに長持ちするかはとても重要なのだと思っています。そんな経験から私が最も良かったと感じたのが家庭用脱毛器だったんです。

肌を滑らせるだけで、脱毛できてしまいます。毛抜きで抜いていたように時間もかかりませんし、脱毛テープのような強い痛みもありません。除毛のようにすぐにムダ毛が目立ってくることもなく、数日持ち毎日ムダ毛処理をしなくてはならない手間が減らせます。

肌にかかる負担は、どんなムダ毛処理を行ってもゼロにはできないもののようですが、カミソリなどで処理をするよりも肌に受けるダメージは、軽減できます。あくまでも私が実感していることになってしまいますが、家庭用脱毛器を使用し始めてもう10年以上になりますが、濃かったムダ毛は細くなった気がします。

永久脱毛のように二度と新たな毛が生えることがないわけではありませんが、毛が細くなるとともに生えてくるムダ毛の量が減ってきたのは、家庭用脱毛器を使い続ける大きな魅力になっています。

購入する時に多少の出費はありますが、数年使い続けることができるので、コストパフォーマンスは非常に良いと感じます。家庭用脱毛器といっても数千円と手軽なものから何万とするものまで幅広くあります。

私の家庭用脱毛器のおすすめ選び方

どこのメーカーがいいのか、どの機種が使いやすいのかと迷うことも多くありますが、私が数台の様々なメーカーの家庭用脱毛器を使用して感じたことをちょっとお話ししますね。

多くの機種の違いとは、防水機能であるかないか、ヘッドの先を替えて、処理する部分を変えることのできるアタッチメントのバリエーションの数です。そのほかの細かな機能の違いはあれど、大抵の機種は、この二つの違いで価格帯が変わっていきます。

高いは高いなりに機能は増していきますが、処理後の仕上がりに対する評価はさほど変わらないというのが、私が使用して感じた家庭用脱毛器の評価です。

例えば、バスルームでは使用しないのに防水機能が必要でしょうか?たしかに防水機能であることで使用した後、水洗いが出来るので清潔に保つことができます。

ですが、大抵の家庭用脱毛器には専用のブラシが付属品として付いてきます。抜いた後の毛をかき出し掃除をすれば、さほど脱毛器の汚れが気になることには感じません。

細々と付いているアタッチメントも処理しない部分用のところに使用するものがついていても結局、全く使用しないまま本体が壊れてしまっては何の役にもたちませんよね。

そんなポイントから高いものは、できる用途が広いのでそれなりに便利なことは否定しませんが、必要もない機能のために上乗せした金額で購入する必要性はないと感じてします。

家電量販店や各メーカーのサイトで家庭用脱毛器の機能性を調べ、ご自分の使いたい用途に合わせた機種の購入を検討されることをオススメします。

効果が強く多彩な体毛の処理が可能なニードル脱毛

ニードル脱毛

脱毛クリニックによっては、ニードル脱毛の施術を受ける事ができます。電気針と表現される事もありますが、体毛に対して針を刺して軽い電流を流す方式になります。その特性上、他の方式よりは痛みは強いです。しかし脱毛の効果も非常に強いので、前向きに検討してみる価値はあるでしょう。

1本1本にダメージを与えていくニードル脱毛

脱毛クリニックでは、レーザーを使って施術を行っている事が多いです。そのレーザーにも色々な種類がありますが、基本的には体毛の根っこの部分にダメージを与えていきます。毛根にダメージを与えた上で、体毛が生えづらい状態にしていく訳です。

ニードル方式の場合、レーザーの代わりに針を刺す事になります。弱い電流を毛根部分に流して、ダメージを与えていく訳です。毛根部分にダメージが加われば、自然と体毛も生えなくなってきます。ヒゲ脱毛などは、このニードル方式が採用されている事も意外と多いです。男性の方々は、あごひげを毎日剃るのも大変ですし、ニードル脱毛の施術を検討している事も珍しくありません。

この方式の場合、若干時間はかかります。1本1本に対してダメージを与えていく訳ですから、少なくとも脱毛サロンのフラッシュよりは時間がかかるでしょう。フラッシュですと、一気に多くの体毛に対してダメージを与えますから、それほど時間はかかりません。しかしニードル脱毛ですと、1本1本を処理していく事になるので、それなりに時間はかかります。

施術の効果は非常に強いニードル方式

ニードル脱毛は、痛みもかなり強めではあります。それだけに、多くの脱毛クリニックでは麻酔も使ってくれます。フラッシュやレーザーと比べると、痛みは少々強めである事は間違いありません。痛みも強いだけに、ニードル脱毛はかなり効果も強めです。いわゆる永久脱毛の施術を受けたいなら、ニードル方式も前向きに検討してみると良いでしょう。

脱毛サロンによる施術の場合、体毛がまた生えてきてしまう事があります。施術を受けた数年後には、また体毛が生える事もある訳ですが、その主な理由は効果の強さです。脱毛サロンでは、あまり強力なマシンを使用する事はできません。効果が若干限定されてしまうので、再度生えてきてしまう訳です。

しかしニードル方式の場合は、1つ1つの体毛に確実にダメージを与えていきます。毛根部分に電流を流せば、ほぼ半永久的に生えてこなくなる訳です。若干時間はかかりますが、体毛を完全に除去したい時はおすすめです。

たとえ日焼けしていても施術は可能

ところでレーザー脱毛の場合、日焼けしていると施術を受けるのが難しい事があります。レーザーの光が、黒い色に反応してしまうからです。そもそもレーザーの光は、黒い色に吸収される性質があります。ですから肌が日焼けしていると、レーザーの光を吸収してしまいますから、火傷のような状態になってしまう事があります。

ですから日焼けした肌では、施術を断られてしまう事も多いです。しかしニードル方式の場合は、肌の色は関係ありません。あくまでも電流が流れる針を使って施術を行いますから、肌の色に左右されない訳です。

タトゥーがある箇所や白髪の脱毛も可能なニードル方式

またニードル方式なら、難しい箇所の施術も可能です。例えばタトゥーがある箇所ですと、レーザーによる施術は困難な事も多々あります。タトゥーの色にレーザーが反応してしまう事があり、肌トラブルが起きやすいからです。

ですがニードル方式の場合は、タトゥーがあっても問題ありません。肌の色に左右される事はなく、あくまでも体毛に直接的に働きかけるからです。またニードル方式は、体毛の色も関係ありません。たとえ白髪でも、問題なく除去する事ができます。

介護脱毛のにはどんなメリットがある? 5つの注目ポイント

介護脱毛メリット

いま30代から40代、50代に注目されている介護脱毛。介護脱毛とは、介護が必要になる前にシモのムダ毛処理をしておくこと。つまりデリケートゾーン、アンダーヘアとよばれる毛を無くしておくことです。

では介護脱毛にはどのようなメリットがあるのか、5つのポイントに注目してみました。

清潔な状態を維持できる

介護脱毛というのは、将来介護されるときのために、アンダーヘアや脇の毛を永久脱毛することです。詳しく知らない人は、「脱毛と介護はどう関係しているの?」と疑問に感じてしまうこともありますが、いつも清潔でいるためには、とても重要なことです。

アンダーヘアは、オムツに排泄したときの汚れを落としにくくする原因になるものだからです。体が弱ってベッドから動けなくなったりすると、どうしてもトイレでの排泄ができません。そうなると、いったんオムツに出してから交換してもらう必要があります。

アンダーヘアがあると、そのときに洗いにくくなってしまうのです。毛に排泄物がこびりついていると、なかなかきれいになりません。常にそんな状態が続けば、臭いも強くなってしまうおそれがあり、デメリットはかなり大きいのです。

しかし、あらかじめ介護脱毛をしておけば、汚れが残ることはありません。邪魔なものがない分、隅々まできれいに洗い、しっかりと汚れを落とすことができるのです。

感染症対策になる

介護脱毛で汚れを落としやすくしておくと、ただきれいになるだけでなく、感染症のリスクも抑えることができます。排泄物をきれいに落としきることができず、わずかに残ったまま放置したりすると、不衛生な状態が長く続くことになります。

感染症を防ぐには清潔を保つことが大切なので、そのような状態は避けるべきです。そのためには、洗浄の邪魔になるアンダーへアを取り除いておきましょう。毎日きれいに洗っておけば、感染症になることはありません。

皮膚へのダメージを軽減できる

アンダーヘアのために汚れが落ちにくくなると、何度も拭くことが多くなります。軽く拭いたくらいでは落ちないため、念入りに拭くことになるのです。しかし、あまり拭きすぎると、肌に負担をかけることになってしまいます。拭きすぎによる痒みや痛みを防ぐには、汚れがすんなり落ちるようしておく必要があります。

その点に注目するなら、ぜひ介護脱毛を検討してみてください。脱毛しておけば、必要以上に拭かなくても、十分に清潔な状態を維持できます。

介護する側の負担が減る

介護脱毛は、自分だけでなく、介護してくれる人にもメリットがあります。汚れが落としやすくなっていると、楽にオムツ交換ができるため、かなり負担が減ることになるのです。オムツの処理をしてもらうなら、その労力をできるだけ軽くしてあげたいものです。

プロの介護士なら手際よく洗ってくれますが、手間が少ないなら、それだけ楽になることは確かです。介護施設だと、他にも多くの人の体を洗わなければなりません。介護脱毛をしておけば、そうした介護する側の苦労を和らげることができます。

これは、自分の負担を減らすことにもつながります。洗う作業や交換に長い時間がかかれば、介護する側だけでなく、自分も疲れてしまうものです。すべてが短時間で終わるなら、そうしたデメリットはなくなります。

白髪になる毛を残さず処理できる

年齢を重ねると、髪がだんだん白くなっていきます。これは、アンダーヘアなども同じことです。放っておけば、色が抜けて白髪になっていきます。そうなると脱毛が難しくなってしまうので、注意が必要です。

介護脱毛で使用される脱毛器は、毛根の黒い部分に反応します。メラニン色素に反応する光やレーザーで、しっかりと脱毛するわけです。ところが、アンダーヘアが真っ白になっていた場合は、その脱毛器が使えません。

メラニン色素がすっかりなくなっているため、どんなに光やレーザーを当てても、効果が出ないのです。そんなことになれば、清潔を維持することも、感染症対策もできなくなってしまいます。早めの介護脱毛は、そうした失敗を回避することができるのです。

白髪になる前にきっちり脱毛して、介護されるときのデメリットを極力減らすようにしましょう。

脱毛するならどっち!? 医療脱毛と脱毛エステ

医療脱毛とエステ

「本格的に脱毛を始めたい! でも、医療脱毛と脱毛エステどっちを選ぶといいの?」とお悩みの皆さんへ。そもそも医療脱毛と脱毛エステは、いったい何が違うのでしょうか。

まず、大きいのが機械(脱毛マシン)の違いです!医療脱毛でも脱毛エステでも、脱毛へのアプローチ方法に大きな違いはありません。 どちらも、脱毛効果のある光を肌に照射して脱毛を促すという点においては、ほぼ同じです。

ただ、医療脱毛と脱毛エステとでは、脱毛マシンのパワーに差がアリ!医療脱毛で使われるマシンの“レーザー光”と、脱毛エステで使われる光のパワーは大きく異なっており、医療脱毛では、医師の監修のもとでのみ使用が許されるチカラの強いレーザー光が使われます。そのため、医療脱毛と脱毛エステでは、得られる効果にも違いアリ!

より強いエネルギーで毛根を破壊する医療脱毛には、脱毛エステに比べてより高い脱毛効果・脱毛持続効果が期待できるんですね。いわゆる「永久脱毛(脱毛完了から1ヵ月たったときのムダ毛再生率20%以下の脱毛)」と認められているのも、この医療脱毛の方だけなんですよ。

つまり、高い脱毛効果(永久脱毛)を求めるなら、断然医療脱毛を選ぶべき。そのうえ、マシンの出力が強い医療脱毛には、そのぶん脱毛エステよりも(施術時の痛みが強めという難点はあるものの)ずっと短い期間で“効率よく・素早く”脱毛完了ができるというメリットもあります。

では、医療脱毛のほうが、脱毛エステよりも良いということなのでしょうか。難しいところですが必ずしもそうとは言い切れません。やはり脱毛エステには、脱毛エステにしかないメリット・魅力があるんですね。その最も大きなポイントとなるのがコストの安さ。

上記の通り、高い出力のマシンを使った永久脱毛(医療行為)は医療脱毛でのみ可能なことであり脱毛エステには、医療脱毛ほどの脱毛効果は求められません。が、脱毛エステは、何といっても医療脱毛より安い!脱毛コストをみると、脱毛エステの方が各段に手ごろになっており、格安サロンのなかにはそれこそワンコインから手軽に脱毛を始めることができてしまうところさえあるのです。

一方、医療脱毛にかかるコストはというと十数万円~数十万円が基本。手軽にお小遣いのなかで脱毛に取組んでいくには難しい金額です。ですから、お財布に負担をかけることなく、気軽に脱毛していきたいなら脱毛エステがオススメ!

近年は脱毛エステの技術もどんどん向上。医療脱毛に比べるとどうしても脱毛完了までに時間がかかるうえ、ムダ毛の再発率も高いといった難点はありますが、地道に取組めば、十分脱毛エステでも納得する結果は得られますよ。

加えて、脱毛エステには一種の“リラックス効果”も併せて狙えるというメリットが!医療脱毛は、医療機関で受ける“医療行為”ですから(医療脱毛専門のオシャレな医療施設もなかにはありますが)施術スペースは病院の無機質な診察室であることが一般的です。

ですが、脱毛エステであればいい香りの“オシャレなスペース”で、心地よく脱毛施術を受けることが可能。“(患者でなく)お客様”として丁寧なサービスを受けることもできます。それに、エステティシャンさんから、家でできるスキンケアやメイクなど色々な“美容情報”をゲットできるというメリットも!

このように脱毛エステには、コストを抑えながら手軽に脱毛ができるほか、日常の忙しさや疲れを忘れユッタリした気分で楽しく快適に脱毛に取組んでいけるというメリットがあるんですね。

以上から言えるのは、医療脱毛と脱毛エステには、それぞれ異なる特徴と利点・難点があるということ。脱毛効果の高さであれば医療脱毛に軍配が上がる一方、コストや雰囲気といった点においてはエステ脱毛に軍配があがります。

よって…医療脱毛と脱毛エステ、どちらがいいのかの答えはアナタ次第!脱毛効果の高さ・コスト・脱毛完了までの時間・ムダへの再発率・雰囲気など、色々なポイントのうち何を重視するかで、どちらを選ぶべきかの答えはかわってくるのです。

ですから、医療脱毛と脱毛エステで悩んでいるのなら、まずは自分が脱毛に何を求めるかを考えてください。
そのうえで上記などを参考にどちらにするかを決めるといいでしょう。そうすれば失敗なく脱毛に取組んでいけると思います!