VIO脱毛と違いはある?気になるハイジニーナ脱毛のメリットは

viodatumou

身体のムダ毛って気になるものですよね。そこで最近は脇や腕、足などの脱毛をする人が増えてきています。

しかし1箇所脱毛をすると、「他の場所のムダ毛も気になる」という人も少なくありません。「足だけのつもりが、腕やVIO脱毛も始めた」という話も、よく聞きますよね。

そんな脱毛の中でも、最近人気が高まっているのが、「ハイジニーナ脱毛」です。ハイジニーナ脱毛とVIO脱毛では、何が違うのでしょうか。またどのようなメリットがあるのでしょうか。

ここでは、気になる「ハイジニーナ脱毛」について紹介します。これから脱毛をしたいと考えている人はぜひチェックしてみてくださいね。

ハイジニーナ脱毛と、VIO脱毛の違いとは

VIO脱毛の場合は、

  • Vライン(正面から見えるアンダーヘア全体)
  • Iライン(陰部の両サイド)
  • O(肛門のまわり)

を、サロンやクリニックのかたと相談し、Vラインのデザインを決めて脱毛します。そのためVラインは好きなかたちに整えることができます。

しかしハイジニーナ脱毛の場合は、アンダーヘアをすべて処理します。そのため部分的に残すことはありません。

ハイジニーナという言葉は「衛生」を意味する「hygiene(ハイジーン)」から生まれた造語です。アンダーヘアがあると、陰部はどうしても蒸れやすくなります。それをなくすことで清潔に保てることから、この名前がついています。

【ハイジニーナ脱毛のメリットとは】

そんなハイジニーナ脱毛には、いくつかのメリットがあります。
ひとつずつ見てみましょう。

[デリケートゾーンを衛生的に保てる]

ハイジニーナ脱毛を行う上で最大のメリットが衛生面です。ムダ毛があると、どうしても蒸れが発生してしまいます。するとデリケートゾーンに雑菌が繁殖し、においなどの原因となります。

生理のときに、においやかゆみが発生するのも、この蒸れが原因と考えられています。ハイジニーナ脱毛を行うと、蒸れが解消され、においも気にならなくなります。

[生理を快適に過ごせる]

脱毛によりムダ毛がなくなると通気性が良くなります。そこで蒸れが解消されるため、生理のときも快適です。

さらに、経血がムダ毛を伝って漏れる心配もありません。毎月のこととはいえ、生理は煩わしくも感じられるものです。

そんな生理時の不快感が減るのは大きなメリットだと考えられます。実際にハイジニーナ脱毛を行った人に感想を聞くと、「生理のときが本当に楽」と答える人は少なくありません。生理は、ほぼ毎月、数日続くもの。そんな生理が快適になったら、確かに楽ですよね。

[水着や下着の選択肢が増える]

水着や下着から、ムダ毛がはみ出ていないかって、気になるものですよね。しかしハイジニーナ脱毛をしてしまえば、もう気にする必要はありません。はみ出しを気にせず好きな水着や下着を選べるのもうれしいメリットです。

【まとめ】VIO脱毛・ハイジーナ脱毛

  • デリケートゾーンを衛生的に保てて、においも気にならない
  • 生理を快適に過ごせる
  • 水着や下着の選択肢が増える

など、メリットの多い、ハイジニーナ脱毛。

さらに最近では40代以上のかたに、「介護脱毛」として、アンダーヘアの永久脱毛が人気となっています。
これはアンダーヘアに排泄物がつくと、とれづらく介護者に負担となります。さらに蒸れによってにおいが生じるのを気にするかたもいます。そのため、将来介護者に負担をかけないようにと「介護脱毛」をする人が増えているのです。

そんな、衛生面でのメリットが多いハイジニーナ脱毛。もしも施術を受けるなら、サロンかクリニックでの脱毛がおすすめです。興味があるかたは、ぜひ一度カウンセリングで相談してみてはいかがでしょうか。

2019年7月12日 VIO脱毛と違いはある?気になるハイジニーナ脱毛のメリットは はコメントを受け付けていません。 未分類